RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
アミ小さな宇宙人    エンリケ・バリオス著
 
この作品は単純に理想郷を描いただけでなく、人の根源的なあり方を
提示してくれる優れた物語であると感じました。
 
自分の両親、兄弟、家族、友人、同僚と自分との関係、付き合い方を
改めて反省させられました。
この本を読んでいて気づいたのですが、今まで紹介していただいた本は
結局皆同じことを言っているんだ、ということです。
 
尊敬する、中村信仁さんも「営業」の話ですが、やはりベースは同じことを
説かれています。
 
 
私は23歳から去年(33歳)まで10年間うつ病で苦しみました。
なぜ私がうつ病を克服できたのかまだ心の整理がついていません。
なにが起きたのか自分でも良くわかってないのです。
 
しかし、おぼろげながら病で苦しんだのは、「我」「エゴ」が原因ではないか
と思うようになりました。
 
自分「が」自分「が」、自分「が」偉くなりたい、自分「が」強くなりたい、自分
「が」賢くなりたい、自分「が」周りをコントロールしたい。
本当に自己中心的な性格でした。
 
中村信仁さんの言葉を借りれば、「For You」 ではなく 「For Me」。
別のところが大きな原因だと思っていたのですが、実はこれがうつ病の根源的
な原因だと、この本を読み気がついたのです。(これだけが原因ではありません
が)
 
今、もしうつ病で苦しんでいる人がいたならば、この本を薦めてあげようと思い
ます。
 
私の身に奇跡は起こりました。
やはり私は奇跡が起こると信じておりました。
その奇跡の裏側には、自他愛、For Youの精神を持つことから始まりました。
奇跡を起こすのに方法論、「やり方」はないのかもしれません。
あるのは、強い気持ち「あり方」だけだと気づきました。
 
このこの気づきを周りの人にも伝えてあげたい、「あなたにも必ず奇跡は起こり
ますよ」 と。
 
 
 
世の中には本当にすごい人たちがたくさんいる。
愚者でまだまだ未熟ですが、取り残されないように、追いつきたいと思います。
 
すばらしい本をありがとうございます!!
 
                                            by 西宮市在住 Kさん    
author:konbu-tentyou, category:感想, 18:15
comments(0), trackbacks(0), - -
アミ小さな宇宙人    エンリケ・バリオス著
 


この作品は単純に理想郷を描いただけでなく、人の根源的なあり方を
提示してくれる優れた物語であると感じました。
 
自分の両親、兄弟、家族、友人、同僚と自分との関係、付き合い方を
改めて反省させられました。
この本を読んでいて気づいたのですが、今まで紹介していただいた本は
結局皆同じことを言っているんだ、ということです。
 
尊敬する、中村信仁さんも「営業」の話ですが、やはりベースは同じことを
説かれています。
 
 
私は23歳から去年(33歳)まで10年間うつ病で苦しみました。
なぜ私がうつ病を克服できたのかまだ心の整理がついていません。
なにが起きたのか自分でも良くわかってないのです。
 
しかし、おぼろげながら病で苦しんだのは、「我」「エゴ」が原因ではないか
と思うようになりました。
 
自分「が」自分「が」、自分「が」偉くなりたい、自分「が」強くなりたい、自分
「が」賢くなりたい、自分「が」周りをコントロールしたい。
本当に自己中心的な性格でした。
 
中村信仁さんの言葉を借りれば、「For You」 ではなく 「For Me」。
別のところが大きな原因だと思っていたのですが、実はこれがうつ病の根源的
な原因だと、この本を読み気がついたのです。(これだけが原因ではありません
が)
 
今、もしうつ病で苦しんでいる人がいたならば、この本を薦めてあげようと思い
ます。
 
私の身に奇跡は起こりました。
やはり私は奇跡が起こると信じておりました。
その奇跡の裏側には、自他愛、For Youの精神を持つことから始まりました。
奇跡を起こすのに方法論、「やり方」はないのかもしれません。
あるのは、強い気持ち「あり方」だけだと気づきました。
 
このこの気づきを周りの人にも伝えてあげたい、「あなたにも必ず奇跡は起こり
ますよ」 と。
 
 
 
世の中には本当にすごい人たちがたくさんいる。
愚者でまだまだ未熟ですが、取り残されないように、追いつきたいと思います。
 
すばらしい本をありがとうございます!!
 
                                            by 西宮市在住 Kさん    
author:konbu-tentyou, category:感想, 18:15
comments(0), trackbacks(0), - -
「阪急電車」  有川浩著
 最近メディアで随分取り上げられている有川さん…
お噂はかねがねと云う感じでしたが、なかなか出逢う機会がなく今回阪急電車が映画と文庫本になり始めて出逢う事が出来ました。

まず今津線と云うところ早々にロックオンされちゃいました・学生の頃5年間お世話になったので当時の事が走馬灯のように蘇りました。

読み進むうちただ阪急電車に乗り合わせただけの人々が微妙に絡みあい絶妙な人生のターニングポイントになったり縮図や教訓を上手く織り交ぜながら、そんな事ありえん鬚任覆ありえる鵑隼廚錣擦討れるリアルな描写と関西らしいユーモラスな表現にすっかりはまってしまいました。

本当に女子高生が会話する姿が目に浮かびプッ・とふきだしたかと思うとジ〜ンと染み入るシーンもあり、最後の派手おば軍団対 静江ばぁさんの攻防は水戸黄門のような痛快活劇でスカッとさせてくれて本当に楽しめました。

阪急電車を利用されている方はもちろんされていないかたも電車で携帯をいじるだけでなくいろんな人間観察をしてみてはいかがでしょう? いつもの車内が違う風景に映って案外楽しめるかもしれません・・ん?・本紹介のつもりが人間観察の勧めになってしまいました。
とにかく来年の映画が楽しみです。

                              ミッキー


ミッキーさん今津線に乗ってたのですね。
そんな人が読んだらたまらないでしょうね。
僕はこの本を読んでからわざわざ乗りにいったんです。笑
この物語で登場する駅、お店などほんとうにあるのか
見に行きました。どうだったかはナイショですけどね。
映画たのしみです。
とくにこの辺では盛り上がるでしょうね!

感想ありがとうございました!

                              こんぶ
author:konbu-tentyou, category:感想, 22:13
comments(0), trackbacks(0), - -
「人生逆戻りツアー」 泉ウタマロ著


 ‘傷心旅行のお供にいい1冊はありませんか?’と旅のはじめにフレンズに飛び込んだ。
店員さんと店長さんがおすすめしてくれたので迷わず購入。
表紙を見て、夜の女の人が出てくる話かな?大丈夫かな?と思ったけど、3泊4日の最後の夜、
ガッと読み切ったら、オロナミンC1本分ぐらいの涙が出た。
自分の価値に気づかせてもらえた。
「これから」に希望を持てた。
踏み出す勇気をもらえた。
読了AM5:36. 本とシンクロするように夜明けを迎えた・・・


                                        by 天使D


天使Dさん、感想ありがとうございました。
この本はストーリーがおもしろいだけじゃなくすごく深い話をしてくれてますよね、
そこが気に入ってみんなにおすすめしています。

旅行から帰ってきたときに見せてくれた笑顔がとても印象的でした。
ありがとう!


こんぶ
author:konbu-tentyou, category:感想, 22:27
comments(1), trackbacks(0), - -
「植物図鑑」 有川 浩著  角川書店 
 


タイトルから置くところをまちがえないか、
あとがきで心配されてましたが、
そんなこと、ありません。
ちゃんと小説のコーナーにおいてありました。

装丁が綺麗で写真つき、
そして、もちろん、活字屋有川健在!

少し(かなり?)甘めの味ですが、美味しいです、
本編もレシピもね。
(食事と料理は楽しまなくてはねぇ。食育以前ですよ)

この作品の読書は至福の時間でしたっ


にゃんこさん、感想ありがとうございます。

甘い恋愛小説で、しかも有川さん
最高の組み合わせですね。

植物に興味のなかった人が、恋をすると
季節によって、咲く花や植物に目が留まり、
気になってくるというお話を聞いたことがあります。

心がやわらかくなると、きれいなものが目に入ってくるんですね♪


ジャニス
author:konbu-tentyou, category:感想, 14:19
comments(0), trackbacks(0), - -
「ジュマンジ」  クリス・ヴァン・オールズバーグ著   ほるぷ出版



映画になったので有名ですが、

この作家さんの絵本は結構はまると面白いです。
(いい作品もたくさんあります)


子供に読み聞かせしたときは、かなりびっくりしたようで、

1人(下の子)は大泣きで、

もう1人(上の子)は

「続き(ザ・スーラ)は借りてこないで〜」

でした。

by.ついてるにゃんこ


にゃんこさん、ありがとうございます!
「ジュマンジ」はロビンウイリアムスが主演の
ハラハラ、アクション映画ですね。
あたしも、見ました。
映画の世界は、楽しいわくわくが続く映画だと感じました。

本を読んで、怖がってしまうということは、

お子様の想像力が活発なのと、
その想像力をかきたてる文章のおもしろさ
があるとおもいました。

ジャニス




author:konbu-tentyou, category:感想, 14:04
comments(0), trackbacks(0), - -
社長が変われば会社は変わる! ホッピー三代目、跡取り娘の体当たり経営改革   石渡美奈著

 「会社ってこんなに熱くなれるところなんだ〜!!!!!」

と感じ、読んでしばらくしてから、

毎朝自分の机の周りを拭き掃除をはじめました。


自分はお酒は飲めませんが、

「感動工場」というネーミングおもしろいっと思いました。

by.ついてるにゃんこ


にゃんこさん、感想ありがとうございます。
ホッピーを飲んで、体がぽかぽかするように
この本は、心をぽかぽかにして、仕事にたいして情熱的に感じさせてくれる本なのですね♪

酔ってしまいそうです

ジャニス
author:konbu-tentyou, category:感想, 13:17
comments(0), trackbacks(0), - -
スッキリ! 〜たった5分で余分なものをそぎ落とす方法〜  上大岡トメ著  (幻冬舎)
最初図書館で借りたんですが、読んだあと、

「これ、新刊でも買っておこうっと」
即本屋へ直行しました。

作者のトメさん、ひよこクラブから愛読してますが、
自己啓発系?になってからも気に入ってます。

No.08(page38,39)
”物を捨てる時は、「ありがとう」、「ごめんなさい」と言う。”
はコピーして、家族の見えるところに貼って
毎朝唱えるようにしてます。



スッキリ!一時大ブレイクした本ですね。
ときどき自分の不始末で捨てる場合は
「ごめんなちゃい」と言ってますが、「ありがとう」
って言ってないです。 物にも感謝!大切なことですね。

ひよこクラブから愛読してるって、ついてるにゃんこさん
さすが詳しいですね。 どんどんレアな本の感想送って
くださいね。

ありがとうございます!

                     こんぶ

author:konbu-tentyou, category:感想, 10:25
comments(11), trackbacks(0), - -
「すべては一杯のコーヒーから」  松田公太著   (新潮文庫)


真面目なビジネス自己啓発(本)に熱中してたときに紹介された本です。
確か、「仕事への飽くなき情熱」を持続するためには何が必要か?
みたいな感じで書かれています記憶があり、
いろんなことへのチャレンジのモチベーションへの起爆剤のような
読み方をしました。
当時自分の近くにはタリーズコーヒーがなかったんですが、
行ってみたいと感じるものがありました。
また、各章の前書きに「すごいこと」が一杯書かれています!!


                 byついてるにゃんこ



ついてるにゃんこさん、感想ありがとうございました。
タリーズコーヒーはスターバックスのライバルとして知られていますね。しかし私もこの辺では見たことがありません。
ついてるにゃんこさんはタリーズの味にありつけたのでしょうか?

一杯のまえにまず本を読んでみたいとおもいました。


                               こんぶ

author:konbu-tentyou, category:感想, 16:02
comments(0), trackbacks(0), - -
「エジソンにピカソの才能を求めていませんか」  向山洋一

 
努力と発達の関係図が載っていました。
努力と上達がつい比例するかのように成果を期待していましたが
それは間違いで、努力を重ねているとあるとき飛躍の時がくるそうです。

たとえば自転車にはじめて乗れるようになったとき・・・
その瞬間って急に訪れましたよね!
それまでけっこうこわかったりこけたり、いやになったり・・を繰り返したあとに。
だから子供の可能性を信じて見守り成果を待とうとおもいます。
ー反省。

この本はわかりやすくてとてもよかったです。

                   by伊丹在住・主婦Mさん


Mさんありがとうございました。
結果をあせらずこつこつとやり続けるしかないんですね!
結果やひと目を気にしない、なんでも「マイペースでやる」というのが
ポイントだとおもいます。

楽しみながら!

                                 こんぶ
author:konbu-tentyou, category:感想, 16:57
comments(0), trackbacks(0), - -